Profile/自己紹介。

学科・コース:ニットデザイン科2年

名前 : 橋本 菫(はしもと すみれ)

出身地 : 静岡県

趣味や好きなことは、カメラと編み物です。

 

Schedule/時間のこと。

登校日のスケジュール

School Life/学校のこと。

Q.通学時間はどのくらい?

電車と徒歩で30分程度です。

Q.課題は家でもする?学校でする時との違いは?

家でする時間が格段に多いです。音楽をかけたり、映画を流したりするので、学校にいる時よりリラックスした状態でやります。半分趣味をしているような気分でやっています。

課題に使う道具

Routine/日々のこと。

Q.毎日のルーティーンは? 

カッコいいルーティーンじゃないですが、家に入ってすぐのうがい薬とお風呂を出てすぐの歯磨きがリズムを作っている気がします。

Q.リフレッシュ方法は? 

音楽を聴きながら散歩に出かけるのと、本屋に行って背表紙をぼーっと見ます。悩んでいる時はこればっかりしています。

Q.使っているスキンケアは?

敏感肌なので、保育園児の時に病院で勧めてもらったクリームをずっと塗っています。

散歩をする橋本さん

House/家のこと。

Q.お気に入りのスペースは?

・動物のフィギュア

スペースなのかはわかりませんが家の所々に、動物のフィギュアを置いています。

・ベッドの棚

ベッドの付属の棚の部分に香水とかを並べているスペースがお気に入りです。SANZOKUさんと羊文学のコラボの羊ーズカップが主役で光っています。

お気に入りのカメのフィギュア

ベッドサイドのスペース

Living/暮らしのこと。

Q.寮暮らしの良いところ&悪いところは?

【良いところ】

寮長さんがいて、門限もあるので、生活リズムがそれほど崩れることもなく、安心感があります。あと、作業場があるので、作図や裁断するときに作業しやすいです。

【悪いところ】

最初から備え付けの家具が多いので、自分らしい部屋にするのが難しいなと思いました。

Q.ひとり暮らしではなく寮に決めた理由は?

制作に専念できる環境と、東京でのひとり暮らしを親に安心してもらいたかったからです。

Q.⾃炊はしている? 頻度は?

基本毎日自炊です。自炊と言ってもラーメンが大好きなので、週3くらいでラーメンです。

Q.学校のお昼ご飯は学食派? お弁当派? どこかで購入する派?

なるべく余裕のある時はお弁当を作っています。節約&エコ活です! ご褒美を自分にあげたい時は、J館のすぐそばにいつも来ているタコライス屋さんに行きます。超美味しいです。

Q.寮暮らしをする中での、お役立ちグッズは?

・大きめの洗濯ネット

共同の洗濯機を使うので、マナーとして持っておいた方がいいです。

・コロコロ? 掃除するやつ

元からカーペット仕様なので、手軽な掃除はコロコロで済ませちゃいます。

・突っ張り棒

なにかとかける場所があると生活しやすいです。

・無印良品の引っ掛けるワイヤークリップ

いろんな時に使えて便利です!!

無印のクリップ

Money/お金のこと。

月の出費について

Q.1番出費の多いものは?

課題制作のための材料費は毎月安定に出費しています。布帛の時よりも、毛糸は高いなと感じています。

あと、病的に毛糸への出費は躊躇しないのも原因です。毛糸自体が可愛くて可愛くてたまらないです。最近は服屋で服を見るより毛糸を見ている時の方がワクワクしています。

Q.アルバイトはしている?

はい。

Q.アルバイトを決める時の必須条件は?

距離はかなり気にして選びました。文化で過ごしていると時間がとにかく無いので、なるべく最寄りや家から近いところに決めました!

課題に使う毛糸

お気に入りの毛糸

Information/お知らせ。

Q.宣伝したいことは?

instagram @_hashimotosumire_ で随時好きなこと、編み物、写真を更新しているので、よければ見に来てください!!

橋本さん、今回は取材を受けてくださり、ありがとうございました。

毛糸への愛に溢れた生活、好きに囲まれた生活はとても充実していますね。寮暮らしはお部屋のカスタムが難しいように感じましたが、橋本さんの部屋はニットデザイン科らしい、どこを見ても毛糸が目に入る、毛糸に魅了されている橋本さんにとって最高のお部屋であるように思います。細かい部分に工夫がされたお部屋ですね!

寮暮らしに決めた理由もとても好印象でした。東京のひとり暮らしはワクワクする反面、親御さんにとっては不安になることが多々あると思います。寮なら安心ですし、なにより、私は遊びに来たんじゃなくて学びに来たんだ! と制作により力を注ぐことができそうです。私も見習わないといけませんね!

また、好きなものへの出費を躊躇しないのもとても共感できました。好きなものを目の前にすると財布の紐は緩むどころか解けてしまいますよね。気づいたら今月ピンチ! となってしまうこともありませんか…? ほどほどに節約しつつ、自分の好きを集めていきたいものです。

橋本さん、ありがとうございました! 橋本さんの世界観が伝わる素敵な写真とともに、橋本さんの素敵な人柄も覗けたような気がします。橋本さんのSNS発信や毛糸の良さが詰まったニット作品、これからも楽しみにしています!

(prop編集部・Maho)

Editor’s Note/prop 編集部より