今回インタビューを受けてくださったのは服装科2年の横島芽生さん! マイペースだけど、努力家。そんな彼女の本当の素顔に迫ります!

Profile/自己紹介。

学科・コース:服装科2年

名前:横島 芽生(よこしま めい)

出身地:東京都

趣味:喫茶店巡りです。

Schedule/時間のこと。

登校日のスケジュール

休日のスケジュール

School/学校のこと。

Q.1番好きな授業は?

デザイン画と造形と選択科目です。うまい下手ではなく、自分の想像したものを作りあげて、形にしつつ学べるのが楽しいです! 

Q.お昼ご飯は何を食べている?

主にサンドイッチとか、お菓子とかです。お昼食べないと3限泣きそうになります。

Q.服装科の必須アイテムは?

裁縫セットと定規と筆記用具です。全部ワンセットになっていて、どこでも縫えるし測れるものもあるので、これさえあればなんとかなると思います! 

Q.服装科を選んだ理由は?

高校から洋服を作る専門の学校に通っていて、高校のころと作り方やパターンが違う文化の方法を学びたかったからです。けれど、正直すべての学科に良さがあってギリギリまで迷いました。

Q.文化服装学院に入って良かったことは?

友だちがたくさんできて、知識が増えました。文化祭などでいろいろな学科の子と知り合いになって、友だちから貰える知識だったり、自分らしさを持っている子が多いから自分らしさが出しやすい環境になっていると感じます。服づくりだけじゃなく2年に入ってさまざまな科目なども増え、できることが多くなったと思います。

初めて作った作品のルック撮影

Money/お金のこと。

Q.アルバイトはしている?

しています。知り合い経由でいろいろなアルバイトをしています。バーで働かせて貰ったり、イベントの受付だったり、学業が優先できるようなアルバイトばかりです。

Q.月の出費は?

本当に月によってバラバラです。美味しいものと可愛いものに目がなくて、たくさん使ってしまう月もあったりします。

Q.いま欲しいものは?

時間と服と睡眠。縫う課題だったり、書く課題だったり、バイトだったり、寝たかったり、かわいい服や物がほしくなったり、欲望しかないです。

Q.作品制作にかかる費用は?

作品にかかる費用は正直振り幅がすごすぎて何とも言えないのですが、1番かかったのは20,000円くらいです。デザインがシンプルなときはそれなりで、パターンをいじっている時や良い生地にこだわっていたりすると、それに応じてコストは上がりますね。

作品撮り

Routine/日々のこと。

Q.好きな場所は?

喫茶店、おうちのソファーです。友だちとのんびりしたり、落ち着いて美味しいもの食べてゆっくりするのが最高です!  家で1人だとソファーの居心地が良すぎて毛布にくるまってイモムシみたいになっています(笑)

Q.放課後は何をしてる?

友だちと中庭で待ち合わせして帰ったり、課題をするために1階の購買の前のスペースで残ったり、その日によって違うけど、課題が終わっている時は友だちとイベントに行きます!

Q.家での過ごし方は?

自分の部屋で音楽かけながらネイルをかえたり、課題したり部屋にいるメダカとタニシをずっと見ています(笑) たまに料理もします。あとは普段寝る時間が少ないのでたくさん寝ています。

Q.将来の夢は?

まだ、決まってないけれど着飾ることが好きなままであり続けて、自分の好きなものを作り続けられることかなって感じですかね…。

ときどき行く青山のRED BAR

Living/暮らしのこと。

Q.実家暮らしのメリットは?

いつでも家族に会えることが1番なのかなって思います。ちょっと帰らなくても、飼っている生き物に家族が餌をあげているので元気そうなところです。あとは家族の誰かが急にアイスとか買ってきてくれるところ! 

Q.実家で落ち着く場所は?

自分の部屋かソファーです。マイペースなので基本どこでも窮屈じゃなければ落ち着いちゃいます。ソファーはリビングにあるのでいつも占領しています(笑)

Q.ひとり暮らししたいと思う?

めちゃめちゃ思います! 駅から実家までちょっと歩くので、ひとり暮らしをしたら駅の近くに住んでとにかく歩きたくないです…。でも、周りにひとり暮らしの子が多くて、結構ひとりでいるのが寂しいんだろうなって思います。

Q.ひとり暮らしするならどの街?

友だちが住んでいてよく遊びに行くのでやっぱり新宿近辺ですかね。都内で遊んで、仮に終電逃してもすぐ帰れるところがいいなーって思っています。大きい鏡とか、大きな物が多いので広い部屋に住みたいです(笑)

部屋のお気に入りスペース

横島さん、インタビューを受けてくださって感謝しています。課題やアルバイトに励みながらも、自分の時間を大事にできていることがすごくステキだなと思いました! 私も家にいる時はソファでダラダラするので(笑)共感できました。新しい道へと向かう横島さん、自分らしく頑張ってください! 応援しています!

(prop編集部・nanami)

Editor's Note/prop 編集部より。